鎌倉ハイキング

浄妙寺 じょうみょうじ

1188年(文治4年)に源頼朝の重臣・足利義兼が建立した鎌倉五山第5位の寺で、境内全域が国の指定史跡です。 かつては七堂伽藍と23の塔頭があった大寺院だったといいます。

山門をくぐると本堂で、大寺の面影をとどめています。参道には梅が植えられ、紅白の花を咲かせます。 本堂裏には足利尊氏の父・貞氏の墓である宝篋印塔があります。 本堂の左には、平成3年に復興した枯山水庭園の喜泉庵があります。1500年代には僧が一同に茶を喫したそうです。
浄妙寺・山門
山門と桜
浄妙寺・本堂
本堂
参道の梅
参道の梅
枯山水庭園
枯山水庭園

喜泉庵から山腹を登っていくと、衣張山を一望できる散策路や、1922年(大正11年)に建てられた洋館が使われている石窯ガーデンテラスがあります。 藤原鎌足が鹿島神宮に参拝した際、浄妙寺の山に鎌を納めたというのが、鎌倉の地名の由来になったとされています。
足利貞氏の墓
足利貞氏の墓
石窯ガーデンテラス
石窯ガーデンテラス
衣張山
衣張山
鎌足稲荷神社
鎌足稲荷神社




 金沢街道沿い
 杉本寺
 報国寺
 浄妙寺
 明王院
 光触寺
 十二所神社

 鎌倉観光コース
 北鎌倉を散策
 鶴岡八幡宮から北鎌倉
 鶴岡八幡宮から二階堂
 鶴岡八幡宮から小町大路
 鎌倉駅から扇ガ谷
 鎌倉駅から銭洗弁天
 鎌倉駅から大町・名越
 鎌倉駅から材木座海岸
 金沢街道沿いを散策
 極楽寺から長谷寺
 長谷を散策
 長谷から西鎌倉
 大船を散策