鎌倉ハイキング

円覚寺 えんがくじ

円覚寺は1282年(弘安5年)に八代執権・北条時宗が無学祖元を開山として建立、鎌倉五山第2位の名刹です。 寺域は約6万uもあり、国の史跡に指定されています。

総門をくぐって石段を上っていくと、楼上に十一面観音像、十六羅漢像が安置されている山門で、1785年(天明5年)に再建されました。 山門をくぐると本尊である宝冠釈迦如来坐像が安置されている仏殿、左は茅葺き屋根の選仏場です。 円覚寺境内の中心に方丈があり、庭園には百観音が安置され、鎌倉市天然記念物であるビャクシンの老木があります。
円覚寺・総門
総門
円覚寺・三門
三門
円覚寺・仏殿
仏殿
選仏場
選仏場

方丈の左前方に夢窓疎石の築造といわれる妙香池があり、名勝に指定されています。対岸には虎頭岩といわれる岩が見えます。 夢窓疎石は鎌倉時代から室町時代にかけての禅僧で、作庭の才に優れ、京都の天龍寺、等持院、西芳寺なども開きました。 妙香池の奥には無学祖元の塔所である正続院があり、境内に開山堂や国宝の舎利殿などがあります。 無学祖元は栄の禅僧で、北条時宗の招きで渡来し、建長寺5世住持となり後に円覚寺を開きました。 仏舎利(釈迦の遺骨)が祀られている舎利殿は、日本最古の唐様建築で国宝に指定され、ゴールデンウィークや正月などに特別公開されます。
方丈庭園
方丈の庭園
妙香池
妙香池
正続院
正続院
舎利殿
舎利殿

妙香池から境内を奥へ行くと、左側が1284年(弘安7年)に没した北条時宗の廟所である仏日庵で、時宗、貞時、高時の像が安置されています。 また、川端康成の千羽鶴など、文学作品の舞台にもなっています。 仏日庵から少し坂を上がると右側に白鹿洞があり、この洞から白鹿の群れが現れて説法を聴聞したということから、山号が瑞鹿山になったそうです。 さらに石段を上ると境内最奥が夢窓疎石の塔所である黄梅院です。 仏殿へ戻り、東側の長い石段を上がると、弁天堂と鐘楼があります。 鐘楼に吊るされている洪鐘(おおがね)は、1301年(正安3年)に鋳造され、高さ259.5cm、口径142cmで鎌倉最大。 建長寺、常楽寺とともに鎌倉三名鐘の一つで国宝に指定されています。
仏日庵
仏日庵
黄梅院
黄梅院
国宝の洪鐘
国宝の洪鐘
富士山
富士山

三門の西には松嶺院や桂昌庵があり、拝観することができます。 松嶺院は牡丹や萩で知られ、牡丹の見頃は4月20日前後の2週間と表示されています。 総門すぐそばの桂昌庵には閻魔大王など十王像などが安置されています。 桂昌庵と松嶺院の間の道を登っていくと、白雲庵や雲頂庵などの塔頭があり、拝観はできませんが道から富士山が見えます。
松嶺院
松嶺院
松嶺院から見た三門
松嶺院から見た三門
桂昌庵
桂昌庵
白雲庵から見た富士山
白雲庵から見た富士山




 北鎌倉
 円覚寺
 東慶寺
 浄智寺
 明月院
 建長寺
 円応寺
 長寿寺
 光照寺

 鎌倉観光コース
 北鎌倉を散策
 鶴岡八幡宮から北鎌倉
 鶴岡八幡宮から二階堂
 鶴岡八幡宮から小町大路
 鎌倉駅から扇ガ谷
 鎌倉駅から銭洗弁天
 鎌倉駅から大町・名越
 鎌倉駅から材木座海岸
 金沢街道沿いを散策
 極楽寺から長谷寺
 長谷を散策
 長谷から西鎌倉
 大船を散策