鎌倉ハイキング

英勝寺 えいしょうじ

英勝寺は1636年(寛永13年)に江戸城を築城した太田道灌の子孫・英勝院尼(徳川家康の側室)が創建。 太田道灌邸があった場所に建てられ、現存する鎌倉唯一の尼寺です。 仏殿、唐門、祠堂、袴腰鐘楼は江戸時代初期に建てられ、当時のまま残っている貴重な建物で、いずれも国重要文化財です。

英勝寺の総門は閉鎖されているので、北側の通用門から入ります。 袴腰鐘楼は寺格の高い寺でのみ見られる珍しい様式で、周囲にはヒガンバナが咲きます。 仏殿正面の小窓を開けると本尊の阿弥陀三尊が見られます。 軒下には十二支の動物が刻まれ、仏殿を取り囲んでいます。 仏殿は英勝院の没後、1643年(寛永20年)に徳川頼房が改築したものだそうです。
英勝寺・総門
英勝寺・総門
袴腰鐘楼とヒガンバナ
袴腰鐘楼とヒガンバナ
英勝寺・仏殿
英勝寺・仏殿
唐門
唐門

欄間に牡丹の彫刻がある唐門をくぐると、英勝院を祀る色彩豊かな祠堂ですが、内部は見られません。 祠堂はさや堂に覆われているので、ガラス越しに外観だけ見ることができます。 祠堂脇にはワビスケがあり、山門脇のトウカエデとともに、鎌倉市指定天然記念物です。 裏山の姫御殿跡が竹林の中庭になっています。
祠堂とワビスケ
祠堂とワビスケ

竹林の中庭
梅
ミツマタとサンシュユ
ミツマタとサンシュユ




 扇ガ谷
 寿福寺
 英勝寺
 浄光明寺
 薬王寺
 海蔵寺

 鎌倉観光コース
 北鎌倉を散策
 鶴岡八幡宮から北鎌倉
 鶴岡八幡宮から二階堂
 鶴岡八幡宮から小町大路
 鎌倉駅から扇ガ谷
 鎌倉駅から銭洗弁天
 鎌倉駅から大町・名越
 鎌倉駅から材木座海岸
 金沢街道沿いを散策
 極楽寺から長谷寺
 長谷を散策
 長谷から西鎌倉
 大船を散策